私たちが
大切にしていること

『食を通じて、からだにいい食材、豊かな時間を、
100年先まで提供し続ける』

家業を継いだとき、私が描いたこのビジョンが、これまでも、そしてこれからも弊社の軸となります。

からだにいい食材とは何か

昨今は健康ブームですから、一口にからだにいい食材といっても、その捉え方は様々でしょう。

私たちが目指す「からだにいい」とは、食事が安心、安全なものであってほしいという、当たり前のものです。お客様にとって外食は手軽で便利ですが、提供する我々にとっても手軽で便利であってはいけません。

もし我々の提供する料理が、一週間たっても腐らなかったらどうでしょう。お客様のことを考えずに作られたものであったらどうでしょう。

私たちの提供する料理は、家庭で出てくるような、家族の健康と笑顔のための料理でありたいと思っています。当たり前に徹底的にこだわる。これからも、この簡単なようで難しい課題にチャレンジしていきます。

豊かな時間を提供します

気の置けない仲間たちとの食事、大切な人とのデート、お仕事の打ち合わせ、家族との団欒、豊かな時間はお客様の目的によって様々です。

できるだけ多くのお客様に豊かな時間を過ごしていただきたい。そういう想いから、弊社では様々な業態の店舗を用意して、皆様のお越しをお待ちしています。

弊社の最初の店舗であるスコットの遺伝子を引き継ぐぱちぱちをはじめ、友達となら独楽、大切なお打合せなら凛、個室で宴会なら金の独楽、デートに銀ゼロやディプントと、銀座を中心に少しずつ店舗を増やしてまいりました。

豊かな時間を演出する料理についても、淡路島の成井さんの作る完熟玉ねぎ、秋田県阿部正子農園のじゅんさい、沖縄県カナンファームの依田さんの育てたアグー豚など、生産者の顔が見える安心・安全で、こだわりのある食材を使用しています。また、宮城県秋保では自社農園「勝企画大自然農園」を運営し、自然栽培で安全な野菜を作り、料理に使用しています。

そのほかにも、全国から仕入れた国産の十割そば粉でそばを作り、調味料についてもアンデス岩塩やなまら塩など、塩だけで10種以上を使用するなど、目で見ただけではわからない部分にもこだわっています。そうしたこだわりが本当の「豊かな時間」を提供することができると信じています。

100年後の食事のために、今、我々が出来ること

独楽が誕生したのが2000年。20世紀最後の年です。その時、次の世紀である21世紀は自分たちの世紀だと強く感じ、今後100年間の食事を守ろうと決意しました。そのために、今、自分たちにできることは何かを考え、できることからコツコツと実践しています。

例えば、弊社で使用しているパピルスティック。

パピルスティックとは、古紙を原料とした環境にやさしい箸です。割り箸のように使い捨てではなく、洗って繰り返し使える箸で、ゴミとCO2の削減に寄与します。飲食店では毎日膨大な割り箸が使われ、捨てられています。微力かもしれませんが、弊社で使われる箸で地球に負担をかけたくない。そういう思いから、パピルスティックの使用を決定いたしました。

飲食店が環境に配慮することに、どれほどの意味があるのかと思われるかもしれません。

しかし、すべての食は地球から生み出されるものであり、地球が健康でなければ、「からだにいい食材」も「豊かな時間」も提供することができません。

環境に配慮することが100年後の食事を守ることにつながるという思いから、パピルスティック以外にもおしぼりのリサイクルなど、様々な環境保護の取組を実践しています。

店舗一覧

WAKU WAKU F&D DINING